文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 住民票・戸籍・印鑑 > 戸籍・住民票・印鑑証明

最終更新日 令和元年11月5日

戸籍・住民票・印鑑証明

戸籍や住民票、転入・転出・転居等の手続き、印鑑登録などに関する情報です。

■お知らせ

マイナンバーカードと住民票等に旧氏(旧姓)が併記できるようになります
 法改正に伴い、希望する方は令和元年11月5日より住民票や印鑑証明、マイナンバーカード等に旧氏が記載できるようになります。
 旧氏を記載することで、保険・携帯電話の契約や銀行口座が旧氏のまま引き続き使用できます。また、就職・転職時など、仕事の場面でも旧氏で本人確認ができるのでとても便利になります。

●旧氏(旧姓)を併記するためには
 住民票に旧氏を併記するためには手続きが必要になります。住民票に旧氏が併記されると、マイナンバーカードや公的個人認証サービスの署名用電子証明書、印鑑証明にも旧氏が併記されます。

旧氏とは?
「旧氏(きゅううじ)」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。
氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

手続きの方法
 旧氏の記載を希望される方は、以下のものを用意して、福祉町民課町民年金係窓口で申請をしてください。

・記載したい旧氏が記載されている戸籍謄本等から現在の氏が記載されている戸籍に至る全ての戸籍謄本
・本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
・印鑑(普段使用しているもの)
・マイナンバーカードまたは通知カード

※旧氏を初めて記載する場合には、本人の戸籍謄本等に記載されている過去の氏の中から1つを選ぶことができます。
                              

証明書手数料一覧

種類 手数料 内容
戸籍謄本(全部事項証明) 450円 戸籍に記載されている全員を証明したもの
戸籍抄本(個人事項証明) 450円 戸籍に記載されている個人の方だけを証明したもの
除籍謄本(全部事項証明)
改製原戸籍
750円 除籍された戸籍に記載されている全員を証明したもの
除籍抄本(個人事項証明) 750円 除籍された戸籍に記載されている個人の方だけを証明したもの
戸籍の附票 200円 住所の異動経過を証明したもの
不在籍証明 200円 本籍がないことを証明したもの
身分証明書 200円 破産宣告等の有無について証明したもの
受理証明書 350円 戸籍に関する届出(婚姻・離婚等)の受理を証明したもの

※請求できる方は吉見町に本籍のある方に限られます。
※受理証明書に関しては、吉見町に届出をした方に限られます。



種類 手数料 内容
住民票の写し(個人) 200円 個人のみが記載されている住民票
住民票の写し(世帯全部) 5人まで200円
(1人増すごとに30円を加える)
世帯全員が記載されている住民票
除住民票の写し 200円 転出や死亡により除かれた方の住民票(5年保存)
住民票の記載事項証明書 200円 住民基本台帳に記載されている事項を証明したもの
不在住証明 200円 住所がないことを証明したもの
印鑑登録 200円  
印鑑登録証明書 200円  
臨時運行許可証 750円  

□各メニュー

@住民票の届出・証明
A戸籍の届出・証明
B戸籍・住民票の郵送請求
C印鑑登録
D公的個人認証サービス
E個人番号通知カード・マイナンバーカードの交付
 個人番号通知カード
 個人番号通知カードの再交付について
 マイナンバーカード(個人番号カード)の申請方法
 マイナンバーカード(個人番号カード)の交付
Fパスポート(普通旅券)



国民年金について

公的年金の意義・仕組み、保険料金、免徐、受給資格期間などについて
国民年金について



お問い合わせ先
福祉町民課 町民年金係 0493−63−5010(直通)

※「用語解説」に関するお問合せページ