文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 補助金・助成金 > 生活のできごと > 吉見町不妊治療費助成金

最終更新日 平成27年8月28日

吉見町不妊治療費助成金

 不妊治療費の助成を行うことで経済的負担をやわらげ、次世代育成支援につなげる。

対象者

 埼玉県が実施する不妊治療費助成制度の交付決定を受けた法律上の夫婦で、次の要件を満たす方
 ・不妊治療の開始日から申請時まで、ご夫婦のいずれかが吉見町に住民登録があること。
《ご夫婦のうちいずれか一方の方が吉見町に住所がない場合》
 お住まいの市町村に同様な制度がある場合、今回申請しようとする治療に対し、その助成金の交付を受けていないこと。
《転入されてきた方》
 前住地の市町村に同様な制度がある場合、今回申請しようとする治療に対し、その助成金の交付を受けていないこと。

補助額

 1回の治療に対し埼玉県で受けた助成金を差引いた額
 (1回の治療につき、5万円を限度とします。)
 助成期間は夫婦1組につき、年度あたり1回で通算5年度を限度とします。

申請手続

 書類確認に時間を要す場合もありますので、時間に余裕をもってお越しください。

 申請期限:埼玉県が実施する不妊治療費助成事業の支給決定日から1年以内
 申請方法:次の書類をお持ちのうえ、吉見町保健センターまでお越しください。
 @吉見町不妊治療費助成金交付申請書兼請求書
 (吉見町保健センター窓口で配布。または、下記様式からもダウンロードできます。)
 A埼玉県で実施する不妊治療費助成事業の助成金支給決定通知書の写し
 B埼玉県で実施する不妊治療費助成事業の不妊治療費実施証明書
 ※埼玉県へ申請される前に必ずコピーをとっておいてください。
 C治療費の領収書の写し(埼玉県不妊治療費助成時に使用した領収書の写し)
 ★本人名義の預金通帳、★印鑑

 ◆吉見町不妊治療費助成金交付申請書兼請求書

関連リンク

 ■埼玉県不妊治療費助成事業について
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0704/boshi/funinchiryo.html
※東松山保健所にお問い合わせください。電話:0493-22-0280

 ■埼玉県男性不妊治療費助成事業について
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0704/boshi/danseifunin.html

 ■不妊・不育に関する相談 窓口
 埼玉県不妊専門相談センター(専門医による検査や治療などについて面談形式で対応。予約制)
 川越市鴨田1981 埼玉医科大学総合医療センター内 電話:049-228-3410



お問い合わせ先
健康推進課保健支援係 0493−54−3120(直通)

※「用語解説」に関するお問合せページ