文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 観光・文化財 > 和名埴輪窯跡群

最終更新日 平成23年12月1日

和名埴輪窯跡群

−県指定 重要遺跡−
 古墳時代の遺物である埴輪は500℃以上の高温で焼くために、半地下式の登窯やトンネル等の施設が必要であった。和名埴輪窯跡群は、そうした登窯が集中しており和名沼の北側斜面一帯に広がっている。昭和49年に行われた発掘調査では、円筒埴輪・形象埴輪を伴って4基の登窯を検出しているが、この付近一帯にはさらに多くの窯跡が存在していると考えられる。



お問い合わせ先
教育委員会 生涯学習課 文化財係 0493−54−9111

※「用語解説」に関するお問合せページ