文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 川のまるごと再生プロジェクトが完了しました

最終更新日 平成28年5月31日

川のまるごと再生プロジェクトが完了しました

 埼玉県では、平成24年度から市町村のまちづくり事業と連携を図りながら、面的に広げる「川のまるごと再生プロジェクト」が進められています。県内では17地区で事業が展開され、そのうちの一つに吉見町の「大沼・市野川用水路・市野川地区」が公開プレゼンを経て選定されました。事業は埼玉県東松山農林振興センターが実施機関となり、平成25年4月に着手され、関係機関や町内の関係団体を交えたワークショップにより整備内容が検討され、皆さんの御協力により平成28年5月に完了することができました。

「水・風・時の三つの流れを体感するまちづくり」

 この地域の特色を活かして、農業用のため池や用水路及び河川による「水の流れ」、松山城跡がある丘陵地から田園に向かって吹く「風の流れ」、吉見百穴などの史跡から「時の流れ」の「三つの流れ」を体感するまちづくりをテーマとして、大沼、市野川用水路及び諏訪沼で水辺空間整備が進められてきました。
 大沼では、水辺と親しめるよう親水広場や湿性花園が新設され、沼の水により岸が激しく浸食されていた箇所には、波などから保護するための護岸工事が実施されました。これらの工事には、底に堆積した汚泥を除去したことによる発生土を改良した土が利用されており、水質改善と経費削減も図られています。
 市野川用水路では、水辺に近づけるよう水路沿いには遊歩道、諏訪沼にはポケットパークが新設されました。また、水路の両岸は、市野川から流れる水により浸食されていたことから、路線全体で護岸工事が実施されました。

「町のとりくみ」

 吉見百穴と川のまるごと再生プロジェクトで整備された大沼と市野川用水路を周遊すると、水辺と親しみ、丘陵地からの風を感じ、歴史的な史跡などから時の流れを感じ、「水・風・時の三つの流れ」を体感することができます。この周遊ルートは約7kmあり、吉見百穴の駐車場と諏訪沼ポケットパークに看板を設置して御案内しております。平成28年度には、周遊ルート内にある大沼沿いの遊歩道の防護柵工事や雑木の伐採など、環境整備を予定しており、より快適に御利用いただけることを目指しています。


        
      大沼親水広場の全景            大沼親水広場の木道
        
   護岸整備された市野川用水路と遊歩道    諏訪沼ポケットパークと 市野川用水路の階段護岸


   
  吉見百穴駐車場に設置した周遊ルートの案内看板
 (諏訪沼ポケットパークにも案内看板が設置してあります)




お問い合わせ先
農政環境課 農村整備係 0493−63−5016(直通)

※「用語解説」に関するお問合せページ