文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 建築物耐震改修促進計画

最終更新日 平成28年10月13日

吉見町建築物耐震改修促進計画(改訂版)


 吉見町では、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」第6条第1項に基づき、町の建築物の耐震化を促進することにより、災害に強い安全安心のまちづくりを推進し、住民の生命と財産を保護することを目的として「吉見町建築物耐震改修促進計画」を平成23年3月に策定いたしました。
 このような中、東北地方太平洋沖地震がもたらした想定を超える甚大な被害を鑑み、平成25年11月改正「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が施行され、平成27年3月には、「首都直下地震緊急対策推進基本計画」において平成32年度までに建築物等の耐震化率を95%とすることを新たな目標としました。
 今回の改訂は、この基本計画等を踏まえ、平成27年度までの当初計画を平成32年度まで5年間延長するとともに、住宅の耐震化率を95%とすること等を目標とし、今後発生が予想される地震による災害の軽減を図ることを目的とするものです。
 詳細については、下記の吉見町建築物耐震改修促進計画(改訂版)をご確認ください。


 ⇒吉見町建築物耐震改修促進計画(改訂版)(pdf:1110kb)


お問い合わせ先
まち整備課 都市計画係 0493−63−5018(直通)

※「用語解説」に関するお問合せページ