文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 風しん患者が増加しています

最終更新日 平成30年10月23日

風しん患者が増加しています

 

 関東地方で風しん患者が増加しています。
 妊娠初期に風しんにかかると、赤ちゃんに障害が残ることがあります。
 下記に当てはまる方は特に注意が必要です。抗体検査を受けましょう。
 また、抗体価が低い方はワクチン接種を検討してください。


 ・30代から50代までの男性
 ・同居家族の中に妊婦さんがいる方
 ・妊娠を希望している又は妊娠する可能性が高い方のうち、風しんにかかったことがなく
  予防接種も受けていない方


<検査実施医療機関(参考)>
 白井医院        (54−0062)
 たばた小児科      (54−8822)
 森田クリニック     (53−2220)
 吉見クリニック     (54−5656)
 埼玉県健康づくり事業団 (81−6029)


※県では対象者に限り、無料で風しんの抗体検査を受けることができます。
 下記のページをご確認ください。

 ◆県ホームページ


お問い合わせ先
保健センター 54−3120 

※「用語解説」に関するお問合せページ