文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ インフルエンザ流行警報

最終更新日 平成31年1月24日

インフルエンザ流行警報

 1月に入りインフルエンザの患者数がさらに増加しています。
 今後、さらなる流行の拡大も懸念されるため、より一層手洗い、うがい、咳エチケット等の感染予防を心がけましょう。

【インフルエンザとは】
 インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによっておこります。
 症状は38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などが突然強く現れます。併せて、普通の風邪と同じように、のどの痛みや鼻汁などの症状も見られます。
 特に、乳幼児のお子さんではまれに急性脳症を発症したり、高齢者の方や免疫が低下している方では肺炎を伴うなど、重症になることがあります。

【インフルエンザにかからないためのポイント】
 ・外出後は必ず手洗い・うがいをしましょう。
 ・部屋の湿度を50〜60%に保ちましょう。
 ・バランスの良い食事をとり、十分な睡眠をとるように心がけましょう。
 ・人混みや繁華街に出かけるときはマスクをつけましょう。

【インフルエンザにかかってしまったときは】
 ・早めに医療機関を受診しましょう。
 ・安静にして、睡眠を十分にとりましょう。
 ・水分を十分にとりましょう。
 ・咳やくしゃみの症状がある時は、マスクをつけましょう。

【関係リンク】
 インフルエンザの流行情報(埼玉県ホームページ)
   http://www.pref.saitama.lg.jp/b0714/surveillance/srv-flu.html

 インフルエンザQ&A(厚生労働省ホームページ)
   https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html


お問い合わせ先
保健センター 54−3120 

※「用語解説」に関するお問合せページ