文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 7月診療分から重度心身障害者医療費支給制度の窓口払いが廃止となります

最終更新日 平成30年6月28日

7月診療分から重度心身障害者医療費支給制度の窓口払いが廃止となります

  平成30年7月診療分から、重度心身障害者医療費の対象者が指定医療機関を受診する際、一定条件に該当する場合は、窓口での医療費(保険診療の自己負担分)の支払いが不要になります。

(注)指定医療機関とは・・・町と協定を結んだ医療機関で、比企管内、鴻巣市、北本市の
              医科・ 歯科・調剤薬局です。

●対象医療費
 平成30年7月1日以降に指定医療機関でかかった保険診療分の医療費で、一つの医療機関につき、
一か月あたりの医療費(保険診療の自己負担分)が21,000円未満のもの。

●指定医療機関を受診する場合
 「重度心身障害者医療費受給者証」と「健康保険証」を医療機関の窓口に提示してください。

※次の場合は、医療機関の窓口で自己負担分を支払っていただき、後日、町に申請していただく必要が
 あります。
@ 「重度心身障害者医療費受給者証」と「健康保険証」を提示しなかった場合
A 医療費(保険診療の自己負担分)の額が、一つの医療機関で、一か月あたり21,000円以上の
  場合
B 指定医療機関以外の医療機関にかかった場合
C 人工透析により調剤薬局にかかった場合


お問い合わせ先
   福祉町民課福祉係  0493−63−5012  

※「用語解説」に関するお問合せページ