文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ 町民の皆様へのお願い 〜集団感染を防ぐために〜

最終更新日 令和2年5月12日

町民の皆様へのお願い〜集団感染を防ぐために〜

■換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。
■イベントを開催する方々は、その開催の必要性について検討するとともに、開催する場合には、
 風通しの悪い空間をなるべく作らないなど、イベントの実施方法を工夫してください。

〜ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合〜                    
家庭内でご注意いただきたい8つのポイント
@ 部屋を分けましょう 個室にし、食事や寝るときも別室としてください。
(ご本人は極力部屋から出ないようにしましょう。)
A 感染者のお世話は
できるだけ限られた方で
持病のある方、妊婦の方などが感染者のお世話をするのは避けてください。
B マスクをつけましょう ・使用したマスクは他の部屋に持ち出さないでください
・マスクの表面には触れないようにしてください
・マスクを外した後は必ず石鹸で手を洗いましょう
C こまめに手を洗いましょう 石鹸、アルコール消毒を使用しましょう。
D 換気をしましょう 共有スペースや他の部屋も定期的に換気しましょう。
E 手で触れる共有部分を消毒しましょう 共用部分(ドアノブ等)、トイレや洗面所は、薄めた家庭用塩素系漂白剤や家庭用洗剤等でこまめに消毒しましょう。
F 汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう 取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてください。
G ゴミは密閉して捨てましょう 鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に出すときは 密閉して捨ててください。


■新型コロナウイルス感染症に関する相談の目安

 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
☆ 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
☆ 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
☆ 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

 (問い合わせ先一覧)
種 類受付時間電話番号
埼玉県新型コロナウイルス感染症
県民サポートセンター
24時間受付0570−783−770
帰国者・接触者相談センター8時30分〜17時15分東松山保健所
0493−22−0280
一般的なお問い合わせ
(厚生労働省電話相談窓口)
9時00分〜21時00分
(土日・祝日も実施)
0120−565653
(フリーダイヤル)



※「用語解説」に関するお問合せページ