文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 福祉町民課 > 障害者福祉

最終更新日 令和2年5月21日

障害者福祉

【 障害者福祉ガイドブック 】

 この「ガイドブック」は、障がいのある方及びその家庭における様々な負担を軽くするために、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、精神保健福祉法、障害者総合支援法をはじめ、いろいろな法律や条例などで定められている福祉制度のあらましを掲載したものです。
 制度の内容などが変わる場合がありますので、ご確認のうえご利用ください。

 ⇒障害者福祉ガイドブック(令和2年4月1日改定版)(pdf)

<掲載内容>
1 障害者手帳 〇身体障害者手帳の交付、 〇療育手帳の交付、
〇精神障害者保健福祉手帳の交付
2 診断書料の補助 
3 医療制度 〇重度心身障害者医療費制度、
〇自立支援医療の給付(更生、育成、精神)
4 補装具・日常生活用具 〇補装具費の支給、 〇難聴児補聴器購入費の助成、
〇日常生活用具の給付
5 住宅改修〇重度障害者居宅改善整備費の補助
6 相談 〇障害者相談支援事業、 〇障害者相談員、
〇埼玉県運転免許センター適正相談室
7 障害福祉サービス 〇介護給付、 〇訓練等給付、 〇障害児通所支援
8 在宅生活の支援 〇移動支援事業、 〇日中一時支援事業、
〇障害児(者)生活サポート事業、
〇福祉タクシー利用料助成、
〇自動車運転免許取得費補助、 ○自動車改造費用助成、
〇駐車禁止適用除外、
〇手話通訳者・要約者筆記者の派遣、
〇地域活動支援センター事業、〇訪問入浴サービス、
〇紙おむつの支給、 〇配食サービス事業
9 手当・年金等 〇特別児童扶養手当、 〇障害児福祉手当、
〇特別障害者手当、 〇在宅重度心身障害者福祉手当、
〇心身障害者扶養共済制度、
〇障害基礎年金、 〇障害厚生年金・障害手当金、
〇特別障害給付金、〇児童扶養手当
10 税の控除・免除 〇所得税の障害者控除、
〇住民税の障害者控除・非課税、
〇相続税の障害者控除、
〇自動車税・自動車取得税の減免、 〇軽自動車税の減免
11 公共料金の割引 〇JR(鉄道・バス)運賃の割引、 〇バス運賃の割引、
〇タクシー運賃の割引、 〇国内航空運賃の割引、
〇有料通行料金の割引、 〇NHK放送受信料の減免、
〇NTT番号案内の料金免除、
〇携帯電話基本使用料等の割引、
〇郵便物の減額及び無料扱い
12 資金の貸付〇生活福祉資金
13 就労相談 〇障害者就業・生活支援センター、 〇職業紹介、
〇生活困窮者の総合相談窓口
14 防災対策 ○障がいのある方・支援する方の防災マニュアル、
〇安心・安全メール、 〇防災行政無線の電話応答装置、
〇避難行動要支援者制度
15 成年後見制度 
16 ヘルプカード・マーク 

障害者差別解消法

 平成28年4月1日から施行された障害者差別解消法は、障害を理由とする差別の解消を推進することにより、全ての国民が障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現を目指すものです。
 行政機関及び民間事業者から障害を理由とした不当な差別や、合理的な配慮を提供してもらえないなど、困ったことがありましたら、福祉町民課福祉係までご相談ください。

関連リンク

〇厚生労働省HP(外部リンク)
〇埼玉県HP(外部リンク)

【 障がいのある方・支援する方の防災マニュアル 】

 障がいのある方と障がい者を支援する方、両方の視点から、災害時に取るべき行動などをまとめた「 障がいのある方・支援する方 の防災マニュアル 」を策定しました。

 ⇒障がいのある方・支援する方の防災マニュアル(pdf)


【 吉見町障害者優先調達方針 】

 障害のある人の自立には、就労による経済的な基盤を確立することが重要との考えから、障害者就労施設等の仕事を確保するため「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進に関する法律」が制定されました。
 この法律は、国や地方公共団体が、率先して障害者就労施設等からの物品等を調達するための措置を講ずることを定めたものです。町では法律に基づき毎年度、障害者就労施設等からの物品等の調達方針を作成するとともに、当該年度の終了後、調達の実績を公表します。

  ⇒令和2年度吉見町障害者優先調達推進方針
  ⇒平成31年度吉見町障害者優先調達推進方針
  ⇒平成30年度吉見町障害者優先調達推進方針

  ⇒令和元年度吉見町における障害者就労施設等からの物品等の調達実績
  ⇒平成30年度吉見町における障害者就労施設等からの物品等の調達実績
  ⇒平成29年度吉見町における障害者就労施設等からの物品等の調達実績

【 吉見町障害者計画・障害福祉計画・障害児福祉計画 】

 「障害のある人もない人も、ともに暮らし参加する共生の地域づくり」を基本理念とし、障害のある人が地域で安心して生活できるよう、町民一人ひとりが障害への理解を深め、それぞれの役割を担い地域全体で支え合える地域づくりの推進に向けた取組みを行います。

 ⇒吉見町障害者計画・障害福祉計画(第5期)・障害児福祉計画(第1期)(pdf)

<計画内容>
〇障害者計画障害者のための施策に関する基本的な事項を定める。
〇障害者計画
〇障害児福祉計画
障害福祉サービス等の提供体制の確保に関する方策等を定める。


【 障害者週間 】

 毎年12月3日〜9日は「障害者週間」です。
 「障害者週間」は、国民の間に広く障害のある人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害のある人が社会、経済、文化その他のあらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的としています。
 障害のある人への理解をすすめ、地域で誰もが安心して暮らせる社会を実現させましょう。

【 障害者に関するマーク 】

名称概要等連絡先
障害者のための
国際シンボルマーク
 障害者が利用できる建物、施設であることを明確に表すための世界共通のシンボルマークです。マークの使用については国際リハビリテーション協会の「使用指針」により定められています。
 駐車場などでこのマークを見かけた場合には、障害者の利用への配慮について、御理解、御協力をお願いします。
※このマークは「すべての障害者を対象」としたものです。特に車椅子を利用する障害者を限定し、使用されるものではありません。
公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
QRコード:
盲人のための
国際シンボルマーク
 世界盲人連合で1984年に制定された盲人のための世界共通のマークです。視覚障害者の安全やバリアフリーに考慮された建物、設備、機器などに付けられています。信号機や国際点字郵便物・書籍などで身近に見かけるマークです。
 このマークを見かけた場合には、視覚障害者の利用への配慮について、御理解、御協力をお願いします。
社会福祉法人
日本盲人福祉委員会
QRコード:
身体障害者標識 (身体障害者マーク) 肢体不自由であることを理由に免許に条件を付されている方が運転する車に表示するマークで、マークの表示については、努力義務となっています。 危険防止のためやむを得ない場合を除き、このマークを付けた車に幅寄せや割り込みを行った運転者は、道路交通法の規定により罰せられます。 警察庁交通局交通企画課
QRコード:
聴覚障害者標識 (聴覚障害者マーク) 聴覚障害であることを理由に免許に条件を付されている方が運転する車に表示するマークで、マークの表示については、義務となっています。 危険防止のためやむを得ない場合を除き、このマークを付けた車に幅寄せや割り込みを行った運転者は、道路交通法の規定により罰せられます。
ほじょ犬マーク身体障害者補助犬法の啓発のためのマークです。 身体障害者補助犬とは、盲導犬、介助犬、聴導犬のことを言います。「身体障害者補助犬法」において、公共の施設や交通機関はもちろん、デパートやスーパー、ホテル、レストランなどの民間施設は、身体障害のある人が身体障害者補助犬を同伴するのを受け入れる義務があります。補助犬を同伴することのみをもってサービスの提供を拒むことは障害者差別に当たります。 補助犬はペットではありません。社会のマナーもきちんと訓練されているし、衛生面でもきちんと管理されています。 補助犬を同伴していても使用者への援助が必要な場合があります。使用者が困っている様子を見かけたら、積極的にお声かけをお願いします。 厚生労働省社会・援護局 障害保健福祉部企画課自立支援振興室
QRコード:
耳マーク聞こえが不自由なことを表すと同時に、聞こえない人・聞こえにくい人への配慮を表すマークでもあります。 聴覚障害者は見た目には分からないために、誤解されたり、不利益をこうむったり、社会生活上で不安が少なくありません。 このマークを提示された場合は、相手が「聞こえない・聞こえにくい」ことを理解し、コミュニケーションの方法等への配慮について御協力をお願いします。 一般社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会
QRコード:
オストメイト用設備 /オストメイト オストメイトとは、がんなどで人工肛門・人工膀胱を造設している排泄機能に障害のある障害者のことをいいます。 このマーク(JIS Z8210)は、オストメイトの為の設備(オストメイト対応のトイレ)があること及びオストメイトであることを表しています。 このマークを見かけた場合には、身体内部に障害のある障害者であること及びその配慮されたトイレであることを御理解の上、御協力をお願いします。 公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団
QRコード:
ハート・プラスマーク「身体内部に障害がある人」を表しています。 身体内部(心臓、呼吸機能、じん臓、膀胱・直腸、小腸、肝臓、免疫機能)に障害がある方は外見からは分かりにくいため、様々な誤解を受けることがあります。 内部障害の方の中には、電車などの優先席に座りたい、障害者用駐車スペースに停めたい、といったことを希望していることがあります。 このマークを着用されている方を見かけた場合には、内部障害への配慮について御理解、御協力をお願いします。 特定非営利活動法人ハート・プラスの会
QRコード:
ヘルプマーク義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることができるマークです(JIS規格)。 ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。 埼玉県福祉部障害者福祉推進課 障害福祉・団体担当
QRコード:

 関連リンク
 〇内閣府HP(外部リンク)
  URL https://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/r01hakusho/zenbun/siryo_06.html

【 障害者控除対象者認定 】

 65歳以上で障害者手帳などをお持ちでない方に障害者控除対象者認定書を発行します。

 65歳以上で寝たきりなどの状態にあり、12月31日現在、要介護・要支援認定の通知を受けていて障害者控除対象者認定基準に該当する方、または寝たきりなどの状態に該当する医師の診断書をお持ちの方に、控除対象者認定書を発行します。
 この控除対象者認定書を要介護高齢者またはその扶養者が、所得税の確定申告または住民税の申告時に添付していただくことにより、所得控除を受けることができます。

※発行には数日かかりますので、時間に余裕を持って申請してください。

【 障害者スポーツ 】

 埼玉県障害者スポーツ協会ではスポーツを通じて健康維持・増進及び障害者スポーツの振興を図るため、教室や大会、講習会等を開催しています。

 関連リンク
 〇一般社団法人 埼玉県障害者スポーツ協会HP(外部リンク)
  URL https://sainokuni-sasa.or.jp/

【 障害者虐待防止センター 】

 障害者への虐待の通報や相談を受けて、事実確認や安全確保を行い、関係機関とともに対応方法を協議し解決に向けた支援を行います。

 窓口
 吉見町役場 福祉町民課 福祉係

【 埼玉県比企地区福祉有償運送市町村共同運営協議会 】

 福祉有償運送の必要性、旅客から収受する対価その他の自家用有償旅客運送を実施するに当たり必要となる事項を協議します。

令和元年度(事務局:吉見町)
 第1回   〇会議速報(pdf)   〇会議録(pdf) 
 第2回   〇会議速報(pdf)   〇会議録(pdf) 
 第3回   〇会議速報(pdf)   〇会議録(pdf) 
※比企地区8市町村で協議会を構成し、事務局を輪番制としております。

【 申請等様式のダウンロード集 】

 〇重度心身障害者医療費請求書(Word)
 〇重度心身障害者医療費請求書(後期高齢者医療)(Word)
 〇補装具費(購入・修理)支給申請書(Word)
 〇日常生活用具給付申請書(Word)
 〇ヘルプカード(pdf)




お問い合わせ先
福祉町民課 福祉係 0493−63−5012(直通)

※「用語解説」に関するお問合せページ