文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 補助金・助成金 > 生活のできごと > 早期不妊検査・不育症検査費助成事業、早期不妊治療費助成事業

最終更新日 平成30年4月3日

早期不妊検査助成

 町では、子どもを望む夫婦に対し不妊検査に係る費用の負担軽減を図り、次世代育成支援につなげるため、不妊検査費用の助成をします。

対象者

 ・助成申請時に法律上の婚姻をしている夫婦であって、双方又は一方が吉見町に住民登録があること
 ・不妊検査開始時の妻の年齢が43歳未満である夫婦

対象となる検査

 ・夫婦が共に受けた不妊検査で、検査開始日のどちらか早い方の日から、1年以内のもの
 ・指定医療機関及び助成対象医療機関で行った検査

助成額及び助成回数

 ・対象となる検査の費用に対して2万円(千円未満切り捨て)を上限に助成します
 ・1組の夫婦につき1回限りとします

助成の申請

・次の書類をお持ちのうえ、吉見町保健センターまでお越しください
 @吉見町早期不妊検査費・不育症検査費助成申請書
 A吉見町早期不妊検査実施証明書
 B検査費領収書(原本)
 C振込を希望する銀行口座(ご夫婦いずれかのご名義)の通帳の写し
 D印鑑

申請期限

 ・検査が終了した日の属する年度末までに申請してください
 ※2月1日〜3月31日までの間に検査が終了した場合に限り、翌年度5月31日まで申請を受け付けます。



不育症検査助成

 町では、子どもを望む夫婦に対し不育症検査に係る費用の負担軽減を図り、次世代育成支援につなげるため、不育検査費用の助成をします。

対象者

 ・助成申請時に法律上の婚姻をしている夫婦であって、双方又は一方が吉見町に住民登録があること
 ・不育症検査開始時の妻の年齢が43歳未満である夫婦

対象となる検査

 ・夫婦または妻のみが受けた不育症検査で、検査開始日のどちらか早い方の日から、1年以内のもの
 ・指定医療機関又は助成対象医療機関で行った検査

助成額及び助成回数

 ・対象となる検査の費用に対して2万円(千円未満切り捨て)を上限に助成します
 ・1組の夫婦につき1回限りとする

助成の申請

・次の書類をお持ちのうえ、吉見町保健センターまでお越しください
 @吉見町早期不妊検査費・不育症検査費助成申請書
 A吉見町不育症検査実施証明書
 B検査費領収書(原本)
 C振り込みを希望する銀行口座の(夫婦いずれかの名義)の通帳の写し
 D印鑑

申請期限

 ・検査が終了した日の属する年度末までに申請してください
 ※2月1日〜3月31日までの間に検査が終了した場合に限り、翌年度5月31日まで申請を受け付けます。


早期不妊治療助成

 町では、子どもを望む夫婦に対し不妊治療に係る費用の負担軽減を図り、次世代育成支援につなげるため、不妊治療費の助成をします。

対象者

 ・助成申請時に法律上の婚姻をしている夫婦であって、双方又は一方が吉見町に住民登録があること
 ・埼玉県不妊治療費助成事業の初回助成に係る、治療開始時の妻の年齢が35歳未満である夫婦

対象となる治療

 ・申請を行う年度に埼玉県不妊治療費助成事業の初回助成対象(ただし、埼玉県不妊治療費助成事業実  施要綱別表1のC及びFの治療を除く)となったもの

助成額及び助成回数

 ・対象となる治療の費用のうち、埼玉県不妊治療費助成事業等で受ける金額を除いた額に対して10万円 (千円未満切り捨て)を上限に助成します
 ・1組の夫婦につき1回限りとする

助成の申請

・次の書類をお持ちのうえ、吉見町保健センターまでお越しください
 @吉見町早期不妊治療費助成事業申請書(様式第1号)
 @-1吉見町早期不妊治療費助成事業申請書(様式第1号・記入例)
 A埼玉県不妊治療費助成事業助成金支給決定通知書の写し
 B埼玉県不妊治療費助成事業不妊治療実施証明書の写し
 C治療費領収書(原本)
 D振込を希望する銀行口座(ご夫婦いずれかのご名義)の通帳の写し

申請期限

 ・検査が終了した日の属する年度末までに申請してください
 ※2月1日〜3月31日までの間に検査が終了した場合に限り、翌年度5月31日まで申請を受け付けます。


お問い合わせ先
保健センター 0493−54−3120

※「用語解説」に関するお問合せページ