文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 各課の主な業務内容 > 税務会計課 > 税務事務 > 軽自動車税

最終更新日 平成27年10月23日

軽自動車税

軽自動車(二輪車・小型特殊自動車)に係る税率について

 二輪車(原動機付自転車:125cc以下、二輪の軽自動車:125cc超250cc以下、二輪の小型自動車:250cc超)及び小型特殊自動車に係る税率改正については、平成28年度分以後の年度分の軽自動車税からの税額引き上げとなりました。

軽自動車税の税率改正のお知らせ

地方税法の改正に伴い吉見町税条例が改正され、軽自動車税の税額が変わりました。

◆軽自動車税は、平成28年度課税分から下の表の改正後の金額となります。ただし、太ワクで囲まれた車種については、平成27年4月1日以後に新規検査を受けるもの(新車で取得されるもの)から新税率が適用されます。


◆グリーン化を進める観点から、新規検査(新車で取得した日)から13年を経過した3輪以上の軽自動車について、標準税率の概ね20%の重課が導入されます(改正後の税額の約20%の増額)。
(平成28年度課税分から)


◆ 平成28年4月1日から平成29年3月31日までに新規検査を受けた軽四輪等で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、軽自動車税の税率を軽減する特例措置「軽自動車税のグリーン化特例(軽課)」が適用されます。(平成29年度分のみ

(注意)平成27年4月1日から平成28年3月31日までに新規検査を受けた軽四輪等で、平成28年度に「グリーン特例(軽課)」の対象となった車両については、平成29年度以降は「標準税率」が適用されます。

原動機付自転車等のオリジナルナンバープレートについて

 吉見町では、町のキャラクター「よしみん」がデザインされたオリジナルナンバープレートを交付しています。

詳しくは、こちらをクリックしてください→

軽自動車税を口座振替されている方へのお知らせ

 事務手続きの都合上、口座振替された情報が金融機関から税務会計課へ届くまでに数日間かかります。このため5月末から6月上旬までの期間、納税状況を確実に把握する必要があることから、車検用納税証明書が必要な方は、引き落としが確認できる『記帳済通帳』を必ずお持ちください。
 また、口座振替された方には、6月中旬に車検用納税証明書を郵送します。

 お問い合わせ先 
 税務会計課 管理徴収係 0493−54−5029(直通)

減免申請について

 平成28 年度からマイナンバー制度の利用開始により、軽自動車税の減免の申請書へ個人番号(マイナンバー)の記載が必要となっています。マイナンバーが記載された書類を提出する際には、納税義務者ご本人様の個人番号の確認と身元の確認が必要となります。

■障がいをお持ちの方

 心身に一定の障がいをお持ちの方が運転する軽自動車等、または障がいをお持ちの方と生計を一にされる方が、その方のために使用する軽自動車等の税金(町税)は申請により1 台に限り減免が受けられます。ただし、普通自動車税(県税)を減免されている方は該当しません。また、障がいの程度により該当しない場合がありますので、初めて申請される方は事前にお問い合わせください。

■生活保護を受けている方

 生活保護法の規定による生活扶助を受けている方が所有する軽自動車等の税金は、申請により減免が受けられます。

■申請に必要なもの

 ※申請は毎年必要です。該当する方は、納期限前7日までに税務会計課で手続きをしてください。
  • 印鑑
  • 納税通知書
  • 運転する方の運転免許証(写)
  • 個人番号カード
  • 交付を受けている手帳(障がいをお持ちの方)
  • 生活保護受給証(生活保護を受けている方)

  •  個人番号カードをお持ちでない方は、以下の書類がいずれも必要となります。
     ・マイナンバー通知カード、または個人番号が記載された住民票
     ・運転免許証など顔写真つき公的身分証明書1点(顔写真なしの書類の場合は2点)
    ※代理人( 納税義務者以外の方) が申請する場合は、委任者の個人番号の確認と代理人の身元の確認とともに委任状が必要となります。

    軽自動車税とは

     毎年4月1日現在、原動機付自転車、小型特殊自動車(農機、フォークリフト等)、軽自動車(二輪・四輪)、二輪の小型自動車の所有者に課される税金です。 該当する車両の取得・廃車・紛失した場合や住所を変更した場合は届け出をしてください。他人に譲る場合も必ず廃車の手続きをしてください。

    車種別手続場所

    原動機付自転車(125t以下)
    小型特殊自動車(農耕用含む)
    ミニカー
    吉見町役場税務会計課 課税係
    рO493−54−5028(直通)
    軽自動車(三輪・四輪) 軽自動車検査協会埼玉事務所熊谷支所
    熊谷市新堀字北原960番2
    рO50−3818−8628(検査予約)
        050−3816−3112
    軽自動車(二輪/125t超〜250t以下)
    二輪の小型自動車(250tを超えるもの)
    埼玉運輸支局熊谷軽自動車検査登録事務所
    熊谷市御陵威ケ原701−4
    рO50−5540−2027


    車種別税額表(平成28年度以降)

       
    車 種 年税額 標識の色
    原動機付自転車 総排気量50cc以下
    または定格出力0.6kw以下(ミニカーを除く)
    2,000円 白色
    総排気量50cc超 90cc以下
    または定格出力0.6kw超 0.8kw以下
    2,000円 黄色
    総排気量90cc超 125cc以下
    または定格出力0.8kw超 1.0kw以下
    2,400円 桃色
    ミニカー
    (3輪以上のもので総排気量20cc超 50cc以下または定格出力0.25kw超 0.6kw以下)
    3,700円 青色
    軽自動車 二輪(総排気量125cc超 250cc以下)3,600円 上記機関でご確認ください
    三輪(総排気量660cc以下)新規検査年によります。
    (税率改正のお知らせ参照)
    四輪
    (総排気量660cc以下)
    乗用 営業用
    自家用
    貨物 営業用
    自家用
    二輪の小型自動車(総排気量250cc超) 6,000円
    小型特殊 農耕作業用 2,400円 緑色
    その他のもの 5,900円 緑色

    四輪バギーの登録について

    四輪バギーの登録車種は、『ミニカー』登録となります。
    ※法令で定められた条件を満たす必要があります。
    1.エンジンの排気量が50cc以下(0.60キロワット以下)であること
    2.輪距が0.50メートルを超える三輪以上の車であること
    3.道路運送車両法における車両の保安基準を満たしていること
    また、ミニカーを運転するためには普通自動車免許が必要となります。

    新規に登録するときに必要なもの

  • 販売証明書(車名、車体番号、排気量、型式、販売店の店名、連絡先電話番号が記されたもの)
     販売証明書に「ミニカー」としての要件を満たしている旨の記載がありますと手続きがスムーズにできます。
  • 印鑑
  • 登録者ご本人でない方が手続きされる場合は、委任状


  • これからミニカーを購入される方、購入を検討されている方へ

     購入される際には、販売店にて「ミニカー」として登録できる車両かどうか、また「販売証明書」が発行されるか確認をされることをおすすめいたします。インターネットを通じての購入、またはオークションなどの個人売買などでの購入をされる時も同様です。 「公道は走行できません」などの記載がある車両は「ミニカー」としての条件を満たさない車両である可能性がありますので、注意をお願いします。 排気量が50ccを超える四輪バギーの登録は、町では出来ません。ご注意ください。


    ご不明の点等ございましたら、お気軽にお問合わせください。

    お問い合わせ先
    税務会計課 軽自動車税担当 0493−54−5028(直通)


    ※「用語解説」に関するお問合せページ